--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
follow me ★Follow ME!★

それから

2011年08月22日 23:42

チョウチョ

世の中はいつの間にか、お盆休みも過ぎて。

また少しずつ通常の日々に戻りつつありますね。


そんな中。
我が家はやっぱりバタバタしていました。

8月1日に、吐血して緊急入院した父。初期診断は胃潰瘍。でも組織診断とピロリ菌の検査も行って。
結果が出たのは1週間後の火曜日。

胃癌の診断でした。

低分化癌で比較的進展しやすいタイプ。

この後、転移の有無等を調べるため、MRIやCTによる検査を行い。
再度胃のバリウム検査も行って。

転移はなし、手術の適応との診断となり、8月23日に手術日が決定しました。

何しろ胃底部に大きな腫瘍があり、胃の内容物をうまく腸へ送ることができず、胃が通常の2倍くらいに膨れているとかで、早期から流動食に切り替え、手術に向けて体調管理スタート。
思ったほど胃の腫れがひかず、手術2日前から点滴による栄養管理に切り替え。

そして手術前日の今日、やっと詳しい診断結果を聞くことができました。

いわゆる、インフォームドコンセントってやつですね。

胃癌IIB期、と思ったよりもステージは進んでいて。
転移は今のところ見つかっていないのにこのステージっていうことはそれだけ腫瘍が表層へ浸潤しているということなのでしょうね。

少なくとも胃の2/3を摘除する開腹手術となりました。
状況によっては胃の全摘もあり、とのこと。
麻酔は硬膜外麻酔を併用し、全身麻酔で手術。
術後は1年間の補助化学療法の予定です。胃癌では定番の、S1の服用。

時間にして、3時間程度の手術。


それでもやっぱりオオゴトだなぁ。


いままで、持病に悩まされることはあってもこういった外科的処置が必要な病気にはとんと縁のなかった我が家です。やはり、ナーバスになりますね。


術後は早ければ1週間で退院・・・


えええええっ!

聞いてはいたけれど、早いよ・・・(・_・;)

せめて外の気温がもうちょっと落ち着くまでは病院の中で快適に過ごしていただいた方が良い気がします。
病院側はベッドが足りないから早く出てってほしいんですよね^^;

色々、難しいところです。

そんな毎日ですが、なんとか少しずつブログ再開に向けて動きたいと思います。
関連記事
follow me ★Follow ME!★


コメント

  1. 愛されている妻 | URL | -

    それだけの吐血があるには...という気もしてたけど。
    もう手術も終わり、もしかしたらお家に帰っていらっしゃった頃?!
    (それにしても術後1週間の退院は早い!!!)
    実は私自身が開腹手術の経験があるんだけど、1週間経つとかなり快復してくるの。
    そのときの隣のベッドが化学療法の方だったけど、母の時(20年前)と比べて、かなり副作用が減ったな~と言うのが実感。
    とにかく、これからは体力勝負!
    あまり食べられなくなるだろうし、食欲もわかないかもしれないけれど、そんなときは巻き寿司など酢飯が意外と食べられたりするし。
    お父様はもちろん(お仕事休んでください!)、七瀬ちゃんもご家族も大変だけど、心から応援してるから。
    とにかく、無理をしないように。ね♡

  2. 七瀬 | URL | -

    愛されている妻さまw

    術後10日で特に合併症もなく退院しました♪
    最初の3日間くらいはやはり痛みどめが切れると痛いようでしたが、もうだいぶ良くなった様です。
    術後1カ月にもなると、足取りもだいぶ戻ってきましたし^^

    仕事はこのまま退職することとなり、パタッと倒れてから、急に暇になってしまってちょっと手持無沙汰のようです^^;体力つけるために午前と午後歩いてますが、やはり1回で2時間もあるくとだいぶ疲れるようですね。
    いままで昼寝をする父って見たことなかったんですけど、お昼に眠ることも出てきました。
    手術ってそれだけ体力落ちるものですよねえ。

    ご心配ありがとうございますw
    まだ最終的に今後の治療の話がでてないのですが、今は小休止、ということでのんびり体力を回復してもらうことにしています♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dreamcatcher.blog43.fc2.com/tb.php/811-dad690c1
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。