--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
follow me ★Follow ME!★

事の顛末・II

2011年08月02日 23:16

夏のバラ

涼しい夜だったのに、珍しく夜中に目が覚めた。

時計を見ると、まだ夜中の2時過ぎ。
まだまだ起きるには早い時間…。

普段なら一度目を覚ましてもその5秒後には眠ってしまう私だけど、なぜかこの日は眠れなかった。
ごろごろとベッドの上で寝がえりをうちながら、まあ目を閉じていれば眠れるかなと考えきゅっと目をつむってみた。

しばらくして、二階で足音が聞こえた。


だれか目を覚まして起きたのかな…?

にしては、ちょっと変な時間。

タタタタタタタタタ…


足音は、早い。どうやらおばあちゃんではない様子。
しかも足音は行ったり来たりと騒がしい。


あれ、なんか変じゃない???


電話をしている声も聞こえた。


眠れない上に妙な胸騒ぎ。
起き上がって階段を上がる。

階段からみえる、リビングのソファに、仰向けに横になっている父がいた。
顔色は真っ白。
母はリビングの電話で、どうやら救急隊と話している様子。


じっと父を見た。

生きてる…?


しばらくすると呼吸で胸が上下しているのが確認できた。


ああ、よかった。生きてる。

続いて脈が触れるか、首を触ってみると、脈拍も触知できた。
真っ白な顔には冷汗がひどく、手や足を触れると冷たい。

「寒い?」

と問いかけてみる。

うん、とうなずくので、肌掛けを和室から運んで父にかける。


電話を終えた母が、
「3階で吐いちゃって…こんななの。」
と、タオルを見せた。


赤黒いシミ。
教科書通りに書くなら、暗赤色とでもいうのかな。

血、吐いたのか…。

「救急車は呼んだのね?」

「今呼んだ。」

「たぶん入院になるとは思うけどとりあえず、保険証とお金だけは持ってね。あと寒いみたいだから上着も。」

「このタオルも持ってった方がいいかな?」

「持ってった方が良いと思う。」



吐血の色からして、胃がいちばん考えられた。


「いつから気持ち悪かったの?」

問いには答えない。
まだだいぶひどい様子。

「もうすぐ救急車くるからね。」

「…パソコン持ってかなきゃ。」

…どこまで仕事人間なのか。


そうこうしている間に、窓の外に赤色灯がみえた。
救急隊員の到着。

即座に問診とバイタルチェックが始まる。
血圧はやはり低めで上88。脈拍は速く、99回/分。
顔面蒼白。冷汗あり。

吐血したときの状況説明から、倒れて吐いた瞬間のことは覚えておらず、母の呼びかけで気がついたこと。
倒れる直前、みぞおちあたりが痛かったこと。
下血も直前にあったこと。

とりあえず消化器系の病気と考えられるので、該当する診療科のあるところへ搬送しますがどこか希望ありますか?との問いかけ。

以前、人間ドックをお願いし、大腸ポリープ摘除も執刀していただいた大学病院を第一希望として、搬送。


20分ほどで到着し、まずは検査…と思いきや。
血圧が安定しないので、輸血をしましょうと、濃赤を400cc輸血。
その後胃洗浄し内視鏡による診察の結果、多発性の胃潰瘍。
かなり傷が多いのでそのまま止血処置。


やっと、落ち着いたころにはもうお昼。
もちろん、入院。止血が確認できるまで絶食なので、帰宅するわけにはいかない。
同行した母は、一度帰宅し、午後入院手続きへ再度病院へ向かったそう。

なんともあわただしい1日だった。

そんな、8月の始まり。


残念ながら、実話なのですよ。
とりあえず本日、止血が確認でき、術後食が開始。
あわせて、サンプルを採取し病理検査を依頼中。


このところ、夏バテだ、風邪だといって食欲不振だったりしていたけれど、まさか胃潰瘍とは。
胃潰瘍、あなどることなかれ。
皆様もお気をつけください。




☆★blogランキング参加中! 応援、よろしくお願いします。★☆
シェリーメイのニクキュウをクリックしてネ♪
sherrybanner ←Click Please♪→ FC2ブログランキング

食べログ 飲食店の検索に♪







follow me ★Follow ME!★


結局私は救急搬送された後、病院が決まったり色々と連絡が来るだろうと一睡もせず、階段の拭き掃除をしたりしながら朝を迎え。
とりあえず午前中は病院にいってもしょうがないらしいとのことで、睡眠不足のまま仕事へ向かったのでした。

こんな日に限って海外文献を読む日。
眠さもかなりあって全く読み進まない1日でした。


仕事柄、なんとなく症状をみて診断名が分かることがあります。
(でも医師じゃないので、診断はしませんよ。もちろん)
とくに、主に癌関連の情報が集まる今の仕事場…
今回の状態をみて、胃がんの可能性を結構疑いました。
今のところ、内視鏡ではそういった所見はないのか、報告されていないので…大丈夫かなと思っているけれど。
(全くないというのではなく、まだ初期だったら治ると思っているので)

こういうのって、実際の患者側に立って見るとすごく複雑ですね。

本人は今日、面会に来た母に持ってきてもらったPCで仕事をし…(苦笑)
まだ血圧はあがりきらないけれど、体調は安定しているのかうろうろと歩いている様子。

どうせこんなに合法的に休めることなんてあまりないのだから休んでいれば良いのにね。


関連記事


コメント

  1. 愛されている妻 | URL | -

    えぇ~っ!!!
    それは大変だったわね。
    救急車の赤色灯、あれは実はほっとするのよね。

    胃潰瘍でそんなに出血しちゃうなんて。
    お父様、かなり我慢なさってたんでしょうね。
    “パソコン持ってかなくちゃ“なんて、しばらくそんなこと忘れて、ゆっくり養生してもらわないと。
    また七瀬ちゃん、病院通いかしら?
    お母様にお父様、大変ね。
    どうぞお大事に。

  2. トオル | URL | -

    七瀬さん、久しぶりです。記事を読んで吃驚!
    自分も似たようなケースが過去にありました

    お父さんも今回の事で責任を感じているかと思いますので、
    精神面でも支えてあげて下さいね。

    七瀬さんやご家族の皆様も多忙かと思いますが、
    くれぐれも体調を崩さぬようご注意下さい。




    ※p.s大変かと思いますのでコメレス無でOKですよ(^^)

  3. koko | URL | jnRiruIs

    お大事に

    お父様、大変でしたね。
    お疲れがでたんでしょうね。

    七瀬さんもお忙しいと思いますので、どうぞお体気をつけてくださいね。

  4. ななせ | URL | -

    愛されている妻さま

    この1カ月はなんだか我が家はバタバタしていて、ほんとあっという間に過ぎて行きました。
    いやー・・・。まさかの展開が続くと人間結構緊張するんですね。

    手術終了後、やっと少し緊張が解けた感じがします。

    何はともはれ、不幸中の幸いで終わってくれて安心しました。
    あとは体力を戻してもらい、フォローアップを十分に行ってもらえればな・・・と思います。

    それにしても美味しいものが急に食べられなくなっちゃうって辛いことですよねぇ。

  5. ななせ | URL | -

    トオルさま

    お気づかいありがとうございます。


    自分も急に忙しくなったのもありますが、まさかの今回のアクシデントでさらに大わらわ。

    いくら知識があったって、実体験すると全く状況がかわるものですね。

    ずいぶん昔の知識を引っ張ってきて、今後は胃切除食の勉強しなおしの様な気がします^^;

  6. ななせ | URL | -

    kokoさま

    ありがとうございます。

    いろいろあった1ヶ月。
    人間、さすがに1ヶ月も緊張が続くと疲れるものですねぇ。


    色々まだ課題はありますが、のんびり頑張ってもらえばと思います。
    母も、倒れないようにしてもらわないと^^;
    患者と、その家族の体調管理というのはなかなか本当に難しいものですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dreamcatcher.blog43.fc2.com/tb.php/809-99600bb9
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。