--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
follow me ★Follow ME!★

イタリアの翼

2011年05月01日 18:09

ドイツ旅行記も終わってないし、台湾も全く終了していませんが。
イタリア旅行記も並行してスタートしようと思います。末長くお付き合いください(笑)


さて、4月の上旬。
まだ日本はあわただしい最中でしたが、旅立つことにしました。イタリアへ。
成田へは、スカイライナーを利用する我が家。
地震の影響で、ちょっとスカイライナーの予定が分からなかったのですが、なんとか無事乗れる電車がありましたよ。

Newスカイライナー

ドイツの帰りにはこの新型車両になっていたスカイライナー。
ドイツ旅行記でご紹介する前に、イタリア旅行記でお目見えになりました(笑)

これが、車内はひろく、荷物置き場も大きくて以前よりずっと快適です。時間も短縮されましたしね。

成田はやはり節電中。
広い空港内ですが…なんとも珍しく人がすくなくてがらんとした印象。
これが本当に空いていて、チェックインも出国審査もガラガラ。
なにより、外国人の姿はほとんどお見かけしませんでした。

静かな成田、何となく変な感じです。


今回は、イタリアの翼、アリタリア航空で旅立ち。
アリタリア機内
ボーイング333だったかな?

客席は確かに窓側、中央、窓側とも3人並びでした。
機内も空いていて乗っているのは日本人のみ。おかげでエコノミーですけど2人で3席使えてらくらくのフライトです。

ドイツ行きで利用したルフトハンザの往路とくらべてもかなり余裕のある座席でした。

ちょうど原発騒ぎで海外の航空会社が成田着を嫌がっている時期。
私たちが乗ったアリタリアも、乗務員の交代を関西空港で行ってから成田に到着し、乗客の乗降を行ったりしていたようです。
フライトルートも、普段は成田からそのまま太平洋側を北上していくのに、今回は新潟へまずは日本を横断し、日本海を北上します。
明らかに福島県沖を避けて飛んでいました。
こんなところにも影響があるのですね。

でもそのおかげ、なのでしょうか。
とてもきれいに晴れていたこの日。見事な富士山を窓越しに見ることができました。
水平飛行に入っていたら写真を撮ったのに…(>_<)
記録にのこってはいないけど、とても印象深いフライトでした。

日本横断

軽食日本列島を窓からのぞくのはなんだか不思議。
とうとう日本海に出ます。

さて、水平飛行へ入るとすぐに軽食のサービス。

というか、アリタリアってば全くシートベルトサインが消えることがないのでいつ水平飛行になったのかがよくわからないのですが(アナウンスもありませんでした…)。
ドリンクのサービスが始まったから、ああもう水平なんだーっと判断。

本当にシートベルトサインは常につきっぱなしだったので、ちょっと悩みますね^^;
座ってるときは常にベルトしてるんだから、お知らせくらいはしてほしい。

軽食はチーズ風味?のスナック。
一緒に赤ワインをいただきながらおつまみにいただきます。
結構、赤ワインもなかなか美味しかったですよ。

続いて食事のサービスがスタート。
イタリアンか和食が選べるのですが、やはり海外の航空会社の和食はあまり期待しないほうがいいようです。

和食私はもちろん!?イタリアンを選択。

イタリアン
メニューの配布がなかったのでイマイチなんだったかよくわかりません。
パンをマグの中に入れてサービスしてくれちゃったりするのも、さすが(笑)
少々味が濃いのですが、まあ…まあ食べられるかな。

食後のコーヒーは少々ぬるかったり、薄めだったりとイタリアらしからぬ状態でございました(笑)
オレンジジュースはブラッドオレンジでしたよ。
その後のドリンクサービスはセルフサービスでした。


その後はしばらく映画タイム。
ずっと昼のフライトだから窓は開けたままで良いのかと思ったら、最近はさっさと窓を閉めるように指示があるのですね。

アリタリアも個人モニター付きでしたが、メニューはイタリア語か英語のみ。
でも英語は分かる範囲です。

軽食。
映画リストは、ブラックスワンや英国王のスピーチ、日本映画だと海猿3などなど。
ディズニー映画はファインディング・ニモやプリンセスと魔法のキスがありました♪
みたかった英国王のスピーチをしっかり見て、その後プリンセスと魔法のキスとファインディング・ニモを鑑賞。
今更ながらですが、英国王のスピーチ、よかったです♪

それにしても13時間のフライトはやはり長いものですね。

途中でサンドイッチかおにぎりのサービス。
サンドイッチは可愛いバンズタイプ。

そして、着陸予定1時間半前ごろに再度食事のサービス。

朝ごはん
ハム、塩気が強いです^^;

そして、ケーキが甘い。

野菜がかなり少ないのも、辛いところ。
もしかすると、飲食のサービスはルフトハンザの方がいいのかもしれません。


無事、イタリアのローマ国際空港へ到着。
夜7時ごろの着でしたが、まだまだ明るいイタリア。
そして、そんな時間なのに23度もあったイタリア。

移動を始めるころにやっと日没でした。

イタリアの日没





☆★blogランキング参加中! 応援、よろしくお願いします。★☆
シェリーメイのニクキュウをクリックしてネ♪
sherrybanner ←Click Please♪→ FC2ブログランキング

食べログ 飲食店の検索に♪



関連記事
follow me ★Follow ME!★


コメント

  1. ちるちる | URL | -

    こんばんわε=ヾ(*・∀・)/☆

    おお~
    素敵なフライトだねー!!
    飛行機・・・
    ご縁がなくて(笑
    あまり乗ったことがないので、こうして
    拝見するのが新鮮です♪
    空からの景色も素敵だね☆

  2. GALLY  | URL | eCzvOtzk

    おおwまってました。

    こんばんわw

    早速、旅立ちですな~
    日本を出るときは、わくわく。
    日本へ帰るときは、ちょっとさみしい・・・。
    いいよねっ旅って。

    アリタリア航空ですか・・・。
    乗ったことないっヽ(`Д´)ノ

    ヨーロッパ方面の場合は必ずルフトハンザですからw
    機内食がイタリィですなぁ。

    美味しそう・・・。(*´Д`*)

  3. 愛されている妻 | URL | -

    スカイライナー、動いててよかったね!
    一時期は成田エクスプレスとかも全部運休してて、どうやって成田に行くのかしら?リムジンバスは動いてるのかな?とか思ってたんだけど。
    飛行機空いてたのもラッキー♪
    2人で3席でもだいぶ楽になるよね。
    だけど、日本発着のフライトで日本語プログラムがないのはちょっと不親切だわね~。

    GW、10日間?!
    すご~い!
    ゆっくり休んでしっかり遊んでね♪

  4. 神永トオル | URL | -

    七瀬さん、こんにちは。
    GWは如何お過ごしでしょうか?

    スゴイ!
    日本列島の眺めがとても新鮮に映りますね~!
    機内食、野菜は少なくても美味しそうw
    楽しい機内でのひとときが伝わるようです。
    イタリアの旅、体調管理が大変だったのでは?


  5. 七瀬 | URL | -

    ちるちるさまw

    列車に比べて飛行機からの景色はやはり見る機会が少ないですよね~。
    特に日本を飛び越えるってなかなか(笑)

    最近は夜フライトがあまりないのですが、今、夜のフライトだったらもしかして日本は暗いのかな?と思ったりします。離着陸の時に撮影ができると楽しいのですけどねー。

  6. 七瀬 | URL | -

    GALLYさまw

    行きはいいんですよねー。いろいろ楽しみが多くて。
    帰ってくるときはほんとあっという間だったなぁと思いながらのフライトです。

    アリタリアは2度目ですが…さすがに日本発は時間通りでした。
    なかなか時間通りに飛ばない航空会社というイメージがあります(笑)

  7. 七瀬 | URL | -

    愛されている妻さまw

    ほんとスカイライナーは直前までどんなダイヤで運行になるかが分からずヒヤヒヤしました。
    最悪前泊かなぁなんて。
    無事動いてくれてよかったです。
    基本荷物は配送をお願いしてしまうので、ローカル線でも行けるんですが…やっぱり面倒ですよね。

    GW長いなあなんて思っていたのにもう半分以上すぎちゃって…^^;
    前半良く遊んだので後半はのんびり過ごしてます。

  8. 七瀬 | URL | -

    神永トオルさまw

    フライト中はやはり窓から景色を眺めるのが一番楽しいですね。
    雲海ばかりでもそれはそれで綺麗な景色です。

    思ったよりも暑かったイタリア旅行は、気温との戦いでしたが(笑)
    お天気に恵まれて本当に楽しかったです♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dreamcatcher.blog43.fc2.com/tb.php/787-179876fe
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。