--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
follow me ★Follow ME!★

「運命の恋」を観にいこう 劇団四季 『アイーダ』

2010年01月02日 21:06

現在京都で上演されている『美女と野獣』のチケットの受け取りも兼ねて、いつもチケットをリザーブしてくれるKちゃんとご飯を食べたとき。

「そういえば、もうひとつディズニーと四季のコラボしたミュージカルが始まるけど、いく?」

と声をかけていただきました。
もちろん♪ということで、即決した舞台は、カレッタ汐留にある劇場「海」で現在上演されている『アイーダ』。
できれば金曜日の夜公演希望だったので、観劇日は11月27日に決定(結構、金曜の夜って公演がないのです)。
予約開始日にKちゃんが頑張ってくれて、1階の10列目、どセンターをとってくれました!
こちらの「海」では以前オペラ座の怪人を見たことがあったのですが、とても作りが小さくてこじんまりした劇場。
その10列目なので、かなり近かった!うーん、四季の会、おそるべし。

カレッタ汐留イルミネーション
テーマは海。波のシルエットがすごい。
当日はお互い仕事があったのでその後に合流。
時間も迫っていたのでカレッタのイルミネーションを横目で見ながら急いで劇場へ。
狭いロビーは人であふれています。

劇場に入ると、アイーダのモチーフになっている目の形を象ったマークが緞帳に光っていました。
これ、劇場が真っ暗になるとこのモチーフが空中に浮いているように見えるんです~wwすごい。



アイーダはもともとオペラとして世界各国で上演されていた演目。
それを2000年にディズニーがミュージカル化。
ブロードウェイで上演後、日本では2003年から劇団四季が上演しています。

設定はとてもクラシックで、時代はエジプトをファラオ(王)が統治していた時代。

始まりは、美術館か博物館か。
現世で行われた過去の歴史の展示。
ここで出会った男女二人。
ここから、過去へとさかのぼる。

エジプト軍がヌビアの国へ攻め入った。
ナイル川の岸辺で敵国エジプト軍の将軍ラダメスにとらわれたヌビア国王女アイーダ。
捕虜でありながらラダメスを恐れず気高さを保つアイーダが気になるラダメス。
自国へ連れ帰った後、アイーダだけはファラオの娘であるアムネミスの侍女として献上することにする。

ここから始まる三角関係。
ラダメスとアムネミスは婚約をしていた。アムネミスは幼馴染のラダメスを無邪気に愛していた。
そこへ、運命的に恋におちてしまったラダメスとアイーダ…。
お互い惹かれあいながらも、アイーダは捕虜となったヌビアの人々の希望の星として指導者になる決意をする。
愛していても一緒にはなれないとアイーダからラダメスへ別れを告げた時…
皮肉にも、その様子を見ることになってしまったアムネミス。
その翌日はアムネミスとラダメスの結婚式。
ラダメスは「運命には逆らえない」とアイーダに告げられアムネミスとの結婚を決意するが、この結婚式の当日、事件は起きる。

亡命を試みた捕虜となったヌビアの国王アモナロスと王女アイーダ。
しかし結婚式の途中その知らせが入り駆け付けたラダメスに見つかり…ラダメスはこのときはじめてアイーダがヌビアの王女だったことを悟り裏切られたと思う。
その誤解を解こうとエジプトに残ったアイーダはアムネミスとファラオにとらわれてしまい…
ラダメスとアイーダはアムネミスを陥れたとして生き埋めとなってしまうのだった。

死を免れることはできなくてもせめて一緒に死ねるように…と、次期女王となったアムネミスが一緒に生き埋めにすることを決めた点はオペラとは違うのかもしれません。

こんな運命の恋もあるのでしょうか。
純粋で衝撃的で熱い愛の物語。

「すべては愛だ」

のコピーの通り、愛とは、を考えさせられるステージ。

それにしてもダンスよりも何よりもその歌唱力に圧倒されるこの舞台。
主演の濱田めぐみさんの歌が素晴らしいのはもちろん、ラダメス役の金田俊秀さん、アムネリス役の五東由衣さんの歌も素晴らしい。
そしてぞーザー役の飯野おさみさんと男性アンサンブルのダンスもものすごくかっこよく迫力があって素敵でした。
女性アンサンブルでは、アムネリスのファッションショーのシーンもとっても楽しくてかわいらしいです。
一番お気に入りはやっぱりファッションショーのシーンでしょうか。
おしゃれが切り札!というアムネリスの根性が見えるシーンです。



幕間も、終わった後も一番最初に出るのはため息。
息をつめて思わず見入ってしまう舞台はミュージカル♪という華やかで楽しい舞台というよりも思わず息をのんで見入ってしまう舞台でした。
そして、歌の迫力に押されてしまうステージでした。


思わずすごいよね…しか口にできないまま、舞台も終わり遅めのご飯へ。
時間が遅いこともあり意外とあいているお店は少なくて…結局Sシティセンターのとんかつかつくらへ。
他に思いつかなくて(苦笑)
こちらで季節の生湯葉コロッケと海老かつ膳を。

Sシティーセンターでディナー。

ボリュームたっぷりでびっくり!でしたがサクサクの衣がおいしかったですww

少々、舞台疲れもあったのでお食事後はそのまま帰ることに。
撮っても素敵な舞台を素敵な席で見せていただきありがとう^^

次は横浜のCatsねww
楽しみにしてます!






☆★blogランキング参加中! 応援、よろしくお願いします。★☆
201001banner ←Click Please♪→ FC2ブログランキング

食べログ 飲食店の検索に♪




follow me ★Follow ME!★


2009年11月27日(金)アイーダ 出演者
アイーダ  濱田めぐみ
ラダメス  金田俊秀
アムネリス 五東由衣
ゾーザー  飯野おさみ(ラダメスの父)
メレブ   中嶋徹(ラダメスに使えるヌビアからの捕虜)
アモナスロ 川原洋一郎(アイーダの父、ヌビア国王)
ファラオ  勅使瓦武志
ネヘブカ  松本昌子(アイーダの身代わりに殺されたヌビアからの捕虜)


素敵なキャストの方々でした^^




本当に迫力のある舞台。
特に歌が素晴らしいです!
機会があればぜひ。

関連記事


コメント

  1. ちるちる | URL | -

    No title

    七瀬ちゃん、こんばんわ★

    おお~
    アイーダ、観てきたんだねε=ヾ(*・∀・)/
    いいな~!!

    劇団四季はいいよね~
    わたしも以前、こちらでオペラ座の怪人観たよ(´ψψ`)
    マンマミーアもすっごく良かったし、
    これも観たいな♪


  2. 七瀬 | URL | -

    ちるちるさまw

    アイーダ、予習なしでいってきたんですが、いやーほんとあの歌のすごさに圧倒されて帰ってきました。素敵な舞台ですww

    劇団四季、いいですよね^^
    オペラ座はずーっと見たくて見たくて待っていた演目でしたし、美女と野獣は東京公演を待てずに京都まで見に行っちゃった…(笑)
    見たい演目がだんだん増えてきて困りますが、できる限り見に行きたいなーっと思いますw
    キャッツの回る席を今狙ってます(笑)

  3. 三十路オンナ | URL | -

    No title

    七瀬さん、こんにちは!
    そして、今年も宜しくお願いいたします!

    アイーダ、大好きです!!!

    素敵な時間を過ごされたようですね!!!
    また、お食事もおいしそうです!!!

  4. 七瀬 | URL | -

    三十路オンナさまw

    今年もどうぞよろしくお願いいたします^^

    アイーダ、素敵な舞台ですよねぇ!
    こういったミュージカルや舞台を見る時間ってとっても贅沢なことだなと思いつつ、自分へのご褒美として!楽しんできました☆
    エルトンジョンの軽やかな楽曲がとっても今っぽくていいですね^^

  5. 愛されている妻 | URL | -

    No title

    劇団四季は独身の時(夫ではない男性と!)、オペラ座の怪人を見たわ。
    アイーダは私のオペラデビューの演目なの。
    な~んとメトロポリタンオペラ(パヴァロッティ主演よ!)で見ちゃったの~!!!
    しかもそのひとり7万円近いチケットはプレゼントで当選しちゃったものなの。(ペアチケットがね!)
    以来、オペラにはまってるのよ。
    そんなに高いのは自腹では行かれないけどね(笑)。
    高額当選(?)の思い出のひとつなの。(実はほかにも?!)

    七瀬ちゃん、お正月お疲れさま。
    お母様も喜ばれたでしょう♡
    明日から、またお仕事かしら?
    専業主婦の私でさえ自由な日がないのに、七瀬ちゃんの大変さはきっと想像以上!
    頑張ってね。
    ホントに応援してるから♡

  6. 七瀬 | URL | -

    愛されている妻さまw

    お返事遅れました~ごめんなさい(汗)

    アイーダ、本物のオペラでご覧になったことがあるんですね~!
    いいなぁ、さぞかし素敵だっただろうと思いますっ!
    パヴァロッティを見れるなんてすごすぎですっ!!!

    やはり生の舞台は一度見てみないとわからないですよね~!
    ほかの高額当選も気になりますww

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dreamcatcher.blog43.fc2.com/tb.php/449-860aae3b
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。