--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
follow me ★Follow ME!★

マラーホフの贈り物

2008年02月28日 21:47

2月20日~22日、国際フォーラムCホールで行われた、友人が敬愛するウラジーミル・マラーホフ氏の来日公演『マラーホフの贈り物 2008』プログラムBにお誘いいただき、ご一緒させていただきました。

友人いわく、男性のバレエダンサーってどうしても足に筋肉がしっかりついて太くなってしまっているのに対し、マラーホフの足はとにかく細くてきれいなの!そして膝と足首がとても柔らかいそう。そのためなのか、ジャンプの着地の音が全然しないのよ、とのこと。ほかのどんな有名な人でも着地の音はドン!としてしまうのに…。
そして、とってもキレイな顔をしていて王子様の格好をするとすごく似合うの~!!!とのこと。
それはとっても楽しみ!

S席が取れなかったそうでA席だったのですが、とてもいい位置。3列目のセンターブロック一番左側。かなりステージに近い席なので出演者の表情も息遣いもよく見えます。
やはり生の舞台は近くで見るに限る。美しい演目も、演じている本人たちにとってはどのくらい体力を使うものなのかが感じて取れます。

今回は全幕ものではなく、色々な演目の一部を組み合わせたタイプ。

第一部
「牧神の午後」
「グラン・パ・クラシック」
「ハムレット」
「白鳥の湖」より”黒鳥のパ・ド・ドゥ”

第二部
「バレエ・インペリアル」

第三部
「シンデレラ」
「アポロ」
「ドン・キホーテ」
「ラ・ヴィータ・ヌォーヴァ」


私の好みとしてはまず「ハムレット」。とても力強い演目。こちらのバレリーナ、マリーヤ・アレクサンドロワがなんともカッコイイ女なのです!美人~っ!衣装も黒にゴールドとすばらしくかなり魅せられてしまいました。

「白鳥の湖」は黒鳥が見れてとてもうれしい。黒のチュチュってステキ
やはり、あの回転はスゴイ。ちょっとバランスを崩したところも見えましたが、やはり有名な演目ですからとても印象に残りました。

第二部のバレエ・インペリアル。こちらは東京バレエ団と一緒に踊ります。
ステージ全体を使ってダンサーが踊るのでとても華やか。
でも、こうやって一緒に出てくると…やっぱりその差を歴然と感じてしまうところでもありました^^;ポリーナの美しさに感動します。

第三部の「シンデレラ」では「ハムレット」を踊ったマリーヤが。こちらはこちらでとても愛らしいイメージに仕上がっていました。ドレスを着たシンデレラではなく、ブルーのシンプルなワンピースの衣装。夜空をうつしたスクリーンが印象的です。

「ドン・キホーテ」は赤の チュチュが鮮やか!そしてとってもハクリョクなステージでした。

マラーホフは「牧神の午後」「バレエ・インペリアル」「ラ・ヴィータ・ヌォーヴァ」を演じます。
とても優しいバレエを踊る方だと思いました。ホントしなやかで美しいわ。他の男性のたくましさや力強さとは違った表現をされる方だと思います。
一人で舞台に立っても舞台を広いと感じさせない演技でした。


最後のカーテンコールではメインのダンサーが揃って出てきてくださって何度も幕が上がるたびに挨拶をしてくださるのですが、お気に入りのマリーヤがとてもチャーミングでした。
何度目かのカーテンコールのときにご自分のお子さんをステージに呼んでいたのです。
まだ2,3歳くらい?のカワイイ男の子!ステージから拍手をしたり手を振ったり、まあなんて愛らしいの!!!旦那様はパートナーでもある方のようで…。なるほど、それであの息の合い方なのかしら。ステキなご夫婦。このサプライズで余計にほれ込んでしまった様子。
かっこよくてかわいくてセクシーで気品溢れるなんて非の打ち所がない!ステキすぎるバレリーナ、マリーヤ・アレクサンドロワなのでした。


FC2ブログランキング
関連記事
follow me ★Follow ME!★


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamcatcher.blog43.fc2.com/tb.php/41-87b11694
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。