--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
follow me ★Follow ME!★

L'ATELIER de Joel Robuchon 六本木でおいしく楽しくフレンチ

2008年05月16日 23:59

ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション
六本木ヒルズも5周年を迎えて、心なしかにぎやかな雰囲気に包まれています。
そんな中、ミシュランで2つ星を獲得してから初めて、ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブションへ行って来ました。カウンターで気軽においしいフレンチを食べられるこちら。ドリンクの種類も豊富。そして夜でもアラカルトのお料理がたべられるので、使いやすいお店です。

平日でもお店はにぎやか。テーブルかカウンターかでちょっと悩んだのですが今回はテーブルで頂きました。カウンターからはキッチンの様子を見ることができ、接客もカウンター越しにしていただけるのですが、ちょっとゆっくり話をして食べたかったので…。
ホールは赤と黒をベースにしたモダンな雰囲気。オープンキッチンにもところどころドラジェの瓶詰めや唐辛子のオリーブオイル漬けなどのディスプレイがおいてあって素敵。魅せるキッチンですね。
モダンな店内は赤がポイント。テーブルはちょっと狭いのですが、荷物がテーブル下にかけられるようになっていたり、入り口でもお荷物お預かりしますか?ときいてくださるので、ちょっと大荷物で行っても安心。
店内同様、テーブルも黒と赤でコーディネート。グラスの赤がとてもすてきです。

席につくとまずドリンクメニュー。
ドリンクだけでもかなりの品数。グラスワインも種類はかなりあります。主にフランスワインですがそのほかもあって品揃えはかなりのもの。ワインバーとしても利用できそうなほどですね。
その後、お食事のオーダーを。今回は7800円のプリフィクスコースは冷前菜、温前菜、メインそしてデザートはそれぞれ2品から1つを選ぶことが出来ます。

パンはおかわりができます。どれもおいしい。

アミューズ 赤ピーマンとトマトのムースお料理が運ばれてくる前にまず出されるのがこのパン。5種のパンが2つずつ盛られています。赤い籠もおしゃれ。
コースだけでもだいぶ量がありますが、パンがおいしくてついつい食べてしまうのですよね。パンが少なくなると新しく一籠持ってきてくださるんです。残したら悪いかしら…と思ってついつい食べ過ぎてしまうのでご注意を。

そしてお食事のスタート。まずはアミューズの赤ピーマンとトマトのムース。酸味が利いていて食欲が刺激されます。ちょっとスパイシーな香りもしたのですがなんだろう??

冷前菜 アボガドのピュレ
私の冷前菜はアボガドのピュレ。中に茄子とトマト、ツナがはいっています。トップに飾られているクルトンがサクサク&ピンクペッパーの香りがとてもいいです。アボガドはとってもクリーミー。そしてすごくキレイなグリーンなのに、レモンはほんの香る程度…よく色がかわらないな~と感心してしまいます。
温前菜 サラダ菜のスープ
続いて温前菜。サラダ菜(レタス)のスープです。メニューをみたとき、コンソメ仕立てなのかと思いきやクリームスープ。カプチーノ仕立てになっていました。浮き実にはツブ貝。青臭さなんて全くなく、おいしいスープでした。

メイン アイナメのポワレ
メインはお魚をチョイス。アイナメのポワレです。貝の出汁をベースに作った、スープ仕立ての一皿。このお出汁がおいしい!そして、菜の花やインゲンがシャキシャキと歯ざわりがよく、アイナメのやわらかい食感にぴったり。スープに油が浮いていたのでもっとバターっぽいのかと思ったのですが、そんなことなくさっぱり食べられる一皿でした。

食べ終わって思ったのですが…この日の私のチョイスは随分グリーンなお皿ばっかり^^;ちょっと色味が悪かったかな、と思いつつ…とてもおいしかったので満足。
ちなみに、私が選ばなかったもう一品たちは、冷前菜:蟹のサラダ、温前菜:野菜のトマト煮温泉卵のせ、メイン:イベリコ豚頬肉の煮込みでした(正式名称は失念^^;)。イベリコ豚がかなりやわらかくて!メインはやっぱりお肉にすればよかったかな、なんて思ってしまったりも。
いえいえ、お魚だってすっごくおいしかったのでいいのです。

最後はデザート。マンゴー&パッションフルーツのデザートかイチゴのデザートかで悩んだのですが…イチゴにしてみました。
デザート イチゴのパンナコッタ きれいな色の層になっています。
とってもキレイな層になっているデザート。イチゴのコンフィチュール、イチゴのパンナコッタ、そして練乳のアイスクリームとピスタチオのクリーム(カプチーノ仕立て)がそれぞれ層を作っています。泡の上にはフリーズドライのイチゴのクラッシュ。お皿に飾られたのはどうやらフランボワーズのパウダーのようでした。とっても色味のキレイなデザート。
このコンフィチュールがとってもとってもおいしくて!アイスクリームもパンナコッタも甘すぎず、そしてピスタチオのちょっと香ばしいような香りがアクセントになっています。
見た目も味も楽しめるデザートでした。

コーヒーと一緒にプチガトーとしてチョコレートも。


接客はちょっとお料理の提供のテンポにばらつきがあるかな?と感じますが…皆さんとても感じがいいので気持ちよくいただけました。店内のBGMにはなぜかアニメソングが流れていたりして…(お子様がいたからかしら?)そんなところも面白いお店です。
それにしても…やっぱりパンが本当においしい!



人気ブログランキング ←Click Please♪→ FC2ブログランキングfollow me ★Follow ME!★
スポンサーサイト

K.ViNCENT 神楽坂のおいしいお菓子

2008年05月15日 23:37

母の日のケーキもこのところ色々あって迷ってしまいますが…デパチカのケーキならいつでも買って帰れるかな、と思ったので、いつもとちょっと違うお店のケーキを買って見ました。最近とても評判のいいカーヴァンソンです。

小さなお店に小さなショーケースなのですが…とにかくいつも混んでいるのよね。店内にはプチ行列(笑)次から次へとケーキは売れていきます。金曜の夕方にうかがったからかだいぶ売り切れも出ています。さすが。
今回はこんなラインナップにしてみました。

カー・ヴァンソンのモンブラン&ショコラオランジュ
デュミモンブランとショコラオランジュ

クレームダンジュ・ア・ラ・マミー&リオレジャンジャンブル
クレーム・ダンジュ・ア・ラ・マミー&リオレ・ジャンジャンブル

そして、写真はとっていませんが、カーヴァンソンといえばフォンダン・オ・ショコラ。
やっぱりチョコレートはおいしい!ショコラオランジュ、しっかりオレンジの果実も入っていて、甘すぎずおいしいタルトでした。ジャンジャンブルはショウガの香りのお米入りプリン。タピオカのような不思議なお米の食感が面白いケーキです。

クレームダンジュが一番母の日らしいかな~と思って選んで見たのですが…母のお気に入りはやっぱりフォンダン・オ・ショコラでした。普通のケーキはちょっと甘さが際立つ感じがあるのですが、ショコラはやっぱり格別に美味!濃厚なのでそんなに沢山は食べられませんが…甘いものがチョット欲しいとき、とにかくオススメです。
こちらのフォンダン・オ・ショコラ、添付の塩と白コショウをちょっとかけてたべるとまた味がかわってさっぱりいただけます。濃い目のおいしいコーヒーと相性ばっちりです。
イートインがないのでテイクアウトしかできないのですが…もって帰るのが大変でも買いたいケーキたちです。



人気ブログランキング ←Click Please♪→ FC2ブログランキングfollow me ★Follow ME!★

京都駅で京みやげ

2008年05月14日 23:20

土産を選ぶのっていつも悩みの種。定番ではつまらないかななんて思ってみたり、かといってなかなかいいお土産が見つからなかったり…。一番は地元の方のオススメを買っていってみるのがいいのでしょうけどなかなかそんな機会もないものです。

今回の京都旅行では、聖護院八ツ橋をリクエストされていたので、それだけは決めていたのですが…他は未定。こんな私の救世主はJR京都駅直結の伊勢丹です。コチラの地下には京都の洋菓子和菓子もそろい、もちろん定番商品も手に入ります。なにより帰る直前にまとめてお買い物ができるので荷物が増えないのがうれしい。

早速まずは聖護院へ。駅構内にあるお土産屋さんでも聖護院八ツ橋は扱っていますが、種類の豊富さならやっぱりこちら。お目当てだった一番小さな缶いり八ツ橋もちゃんと手に入ります。こちらで目に付いたのが”新しい形の八ツ橋”という「カネール」のコーヒー味。シガールのような形をしたちょっとおしゃれな八ツ橋。このものめずらしさについつい購入。新しい形の八ツ橋 カネール コーヒー味


マールブランシュ 京都限定お菓子 茶の菓自宅で試食してみましたがコーヒーの苦味がきいていてなかなか美味。コーヒータイムにとても喜ばれそうなお菓子です。ほかにシナモン風味もありました。シナモンは八ツ橋では定番の味なのでこちらのほうが安心して食べられるかも知れません。

続いて洋菓子。関西方面へいくとどうしても神戸のパティスリーのほうが目立つのですが、せっかく京都へ来たので京都のパティスリーを探してみました。
やはりこちらも伊勢丹に入っている「マールブランシュ」の京都限定のお菓子お濃茶ラングドシャ「茶の菓」。
「京」の焼印がかわいいラングドシャです。
茶の菓のお茶は随分とこだわっているものの様子。





本店は京都の北山にあるので、観光がてら寄ることもできるお店です。こういった焼き菓子は軽いので持ち運びもらくちん。かわいい缶入りは移動中にお菓子が割れてしまう心配もあまりありません。京の宇治・白川のお茶を使用したラングドシャ。かなり濃いお茶の味がするのですが、ホワイトチョコが上手く味をまろやかにしてくれます。周囲の評判もよかったですよ。
以前はこちらのお店東京でも販売はしていたのですが、今年の3月で閉店。関東では買えなくなってしまいました。残念。
洋酒の効いたモンブランがとてもおいしいパティスリーです。


さて、京都といえば和菓子も有名。色々あって迷ってしまうのですが…実は新幹線の改札内に「宝泉」という和菓子屋さんが入っています。こちら、わらびもちがおいしいのですよね^^立地条件がかなりいいため人気の商品は早めになくなってしまうのがちょっとネック。
桜香のお菓子はこんなかわいらしいお菓子

宝泉の季節限定お菓子、桜香今回は季節のお菓子をお土産にしてみました。パッケージもとてもかわいらしい。

その他にも、京都に住んでいた方のオススメに、中村藤吉の「生茶ゼリィ」というお菓子があります。甘さ控えめ、お茶の香りのいいゼリーにつぶあんののったゼリーです。伊勢丹では夕方には売り切れてしまうことが多々ある様子!このゼリーに抹茶アイスをのせて食べるのがオススメだそうです。
ただ、このゼリー保冷剤をつけて3時間くらいが持ち運びの時間と言われてしまったため…今回は断念。(新幹線の時間までもだいぶあったので…)次回京都に寄ったときに是非試してみたい一品です。



人気ブログランキング FC2ブログランキングfollow me ★Follow ME!★

京都ガーデンパレス

2008年05月13日 22:36

先月の旅行で利用したのは京都御所前にあるホテル京都ガーデンパレス
今回利用したツアーで、こちらのホテルのスイートルームへのランクアッププランがあったので、せっかくならスイートルームでゆっくりしたいなと思って選択。ランクアップがなければ多分リーガロイヤルホテルに宿泊していたと思いますが、これも何かの縁かしら?なんて。

ホテルガーデンパレスへは京都駅から地下鉄烏丸線で丸太町駅へ。道はずっと真っ直ぐなのですが、駅から約10分ほど歩きます。大きな荷物を持って歩くにはちょっと不便かも。何しろ歩道はそれほど広くないのに自転車がよく通るのでちょっと歩きづらいのです。
ホテル前にバス停があり、51番のバスが通っていますが、通勤時間帯意外は1時間に1本…ちょっと交通の便は悪いかな?という印象。

スイートルームのリビング入り口を入るとすぐロビー、そしてフロントが在ります。ロビーはそれほど広くはないのですが、建物自体高さがなく5階ほどのホテルの割りに開放感のあるつくりのホテルでした。
スイートルームは扉をあけるとすぐまた扉。
リビングルームそちらを入るとリビングルームになっています。四角い部屋ではなく、ちょっと面白い形の部屋ですが、窓もだいぶ広くとってあるので明るいです。いわゆるジュニアスイートのようなお部屋で寝室とリビングの間に扉はなく、チェストで区切られていました。
部屋がつながっているのでそれなりに広いのですが…ベッドでテレビが見れないのが残念。


独立したドレッサーがあるのでお化粧には便利。寝室側の壁に広めのクローゼットがあり、もうひとつある扉を開けるとドレッサー、その奥がバスルーム。
残念なことにバスルームはユニットバス…。せっかくスイートルームなら、シャワーブースが欲しかったなと思う私です。アメニティもリンスインシャンプーで残念。普通のユニットバスよりは広いんですけれどね。デラックスツインくらいならこのバスルームでもしょうがないかな、と思えるのですが。ワガママかしら?

ただ、ドレッサーがバスルームから独立してあったので、朝のメイクの時などはとっても便利。ドライヤーもバスルームとドレッサーに1つずつあり、ドレッサーのドライヤーはブローするにも使いやすいもの。その辺り、女性にはうれしい点。


お食事は和食のお店とロビーラウンジがあります。和食屋さんは利用しませんでしたが、2日目の朝食はロビーラウンジで頂きました。和食か洋食、どちらかを選ぶものでコーヒーや紅茶、お水などはセルフサービス。
洋食よりは和食のほうが品数も多く、オイシそうでした。でも私はオムレツの誘惑にまけて洋食にしたのですけどね^^;ベーコンはもうちょっと改善して欲しいなと思いますが、オムレツは結構ふんわりでおいしく頂きました。
ホテルの朝食。洋食と和食が選べます。


ガーデンパレス ベッドルームチェストの向こう側がベッドルーム。"スイートルーム"の名前に期待していくとちょっと残念な結果になってしまいそうですが、通常のシティホテルのお部屋と考えるとそれほど悪くはないのでは。お手軽に泊まれるプランがあれば、十分広いお部屋なのでスイートルーム、お薦めです。
また、御所の一般公開の時期などは、本当に御所の目の前なのでとても便利です。レンタサイクルのサービスも無料で利用できるようなので、観光には結構便利なホテルと言えそうです。



人気ブログランキング ←Click Please♪→ FC2ブログランキングfollow me ★Follow ME!★

東京で味わえる京都

2008年05月06日 21:14

旧舘は禁煙席です。

イノダコーヒーテラス京都で有名な喫茶店といえばイノダコーヒー。先日の旅行では「京の朝食」を頂くため、本店へ訪れました。町屋作りの雰囲気のある旧舘はやはり一度訪れる価値のある喫茶店。旧舘は禁煙席のみになっています。イノダコーヒー本店




私たちが訪れたのは朝7時半頃。まだ混雑もしていなかったのでスムーズに案内されましたが、8時過ぎにお店を出る頃には平日にもかかわらず並んでいる方がかなりいらっしゃいました。朝食をご希望の方は早めに訪れることをお薦めします。

一度は食べたかった『京の朝食』

こちらが「京の朝食」。1,050円でコーヒー(または紅茶)、オレンジジュース、クロワッサン、スクランブルやハム、サラダ、ポテトサラダが食べられます。豪華!こちらのコーヒーはお砂糖とミルクが入ったものがスタンダードなのですが…ブラック党の私はブラックでお願いしてしまいました。
あまりイスのすわり心地はよくないけれど、ちょっとレトロな内装をたのしみながらのんびり京都の朝を楽しんでみては?

朝食は京都でなくては味わうことは出来ませんが、東京でもイノダコーヒーのコーヒーやサンドイッチ、スイーツを楽しむことは出来るようになりました。先日、リニューアルした大丸東京に関東第一号店がオープン。あまいコーヒーがお好きでしたら、是非お砂糖とミルク入りのコーヒーをお試しあれ。

他にも調べてみると、京都で訪れたお店は結構関東に進出しているものですね。
今回訪れたお店でも東京に系列店があるお店がいくつかありました。

ランチに訪れた北野天満宮近くにあるとうふカフェFUJINO。こちらは京とうふ藤野のカフェ。
とようけ茶屋があまりの大行列のためこちらでランチをすることにしたのですが、お豆腐や生麩メインの京都らしいカフェです。今回はプレートランチ。トウフカフェFUJINOのランチプレート。色々食べれてオトクかも。
色々なお料理が少しずついただけます。湯葉と油揚げの混ぜご飯も美味でした。店内はなぜかうさぎのイラストが沢山…。女性向けな感じのするお店でした。とようけ茶屋で1時間も待てないっ!というときはすぐ近くですし、店内も広めなのでゆっくりできると思います。

この藤野、以前は同じとうふカフェFUJINOが六本木ヒルズにあったのですが、残念ながらこちらは閉店。今現在は丸ビルの京豆腐不二乃か東京ミッドタウンの京乃とうふや藤野で同じようなお豆腐料理がいただけます。

本家 尾張屋。ステキなお蕎麦屋さんです。


こちらもランチで利用したお店。本家尾張屋は老舗のお蕎麦屋さん。
京野菜天せいろをいただきました。とても長いお蕎麦が印象的。本店は烏丸通りから一本奥に入ったところにあり、落ち着いた店内でのんびり頂くことが出来ます。3時ごろというランチにしてはだいぶ遅い時間に伺ったのに、結構人の出入りがあります。地元の方もよく利用されている様子。2階にはお座敷があるようでした。

京野菜天せいろ
尾張屋さんのお蕎麦京都でしかいただけませんが、こちらのそば菓子ならば日本橋三越や池袋西武、池袋東武の菓子売り場などで購入することも出来るようです。

そのほか、チェーン展開ではありますが、夕食を頂いた京都伊勢丹の先斗入ルは東京でも数店舗あり、京野菜を使ったパスタを食べることが出来ますし、今回は行けなかったのですが先斗町にある本格的な京野菜イタリアン、イル・ギオットーネも丸の内のTOKIAで味わうことが出来ます。

探してみると意外と東京でも京都の味を楽しむことが出来るのですね。
東京で京都めぐりをしてみるのも楽しいのかもしれません。


人気ブログランキング ←Click Please♪→ FC2ブログランキングfollow me ★Follow ME!★


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。