--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
follow me ★Follow ME!★

夏のライン川クルーズ

2011年05月22日 14:09

ずいぶんとインターバルが開いたけれど、とりあえずドイツ旅行記リスタート。
じゃないと…また夏がきちゃいますもんね^^;



さて、後半のハイライト、ライン川のロマンチックラインをクルーズします。
リューデスハイムのホテルから徒歩数分で乗り場に到着。

KDライン

ラッキーなことに、この日はリューデスハイムが始発。
そんなわけで、暑くて大変ですが、眺めのいい甲板に出ることにしました。

真っ青な空は最高のロケーション。
左右の川岸には沢山のお城。
ライン川はとにかく長い川ですが、だいたい日本の旅行でクルーズするのはリューデスハイム~ザンクトゴアールの間のロマンチックラインと呼ばれるところ。

素敵な街並みをゆったりと眺めることができます。

古城が沢山

基本、どこを見ても絵になる…!
やはり、ドイツに来たからにはこの景色、堪能したいですね。
有名どころだけでもお城を…と思ったのですが、あまりの数の多さに割愛します(笑)

それでも、一番見たかったのはプファルツ城。

プファルツ城

川の中州に立つこのお城は、船の形をしています。
以前はこのライン川を通行する船をチェックする、税関として建てられたそうです。
以前ユーハイムのコラボレーションケーキにも登場したことのあるお城。
実際に見れてよかった。

ザンクトゴアールに到着直前に見えるのが、有名なローレライ。

有名なローレライ

断崖絶壁。
きっと上から見たらスゴイ怖いのでしょう…。

ここでライン川の川幅が急に狭まるため、川の流れが早くなるのだそう。
そのため、水難事故が多かったようです。
以前はここで事故が多かった原因を、美しい少女に船頭が見惚れたため、と言われ、そんな伝説ができたのだそうです。

岩の上にはローレライの少女の像があるのだそうですよ。

ここを過ぎるとすぐにザンクトゴアール。
下船しなくては。

船内にはライン川の絵地図

船の内部にはこんなライン川の絵地図も。
こんなにたくさんのお城があるのですね。

ドイツ国旗が映えます

下船後、歩いていても対岸にお城、そしてドイツ国旗を沢山見かけます。

ライン川を望む

この後は、ライン川沿いの古城レストランでランチへ…。

お城から眺めるライン川もまた素敵です。
ライン川沿いの古城は、すでに外観のみ残して内部は廃墟となっているものも多いそうですが、レストランやホテルとして利用されているところもあるそう。
古城ホテルはいつか泊まってみたいですね。





☆★blogランキング参加中! 応援、よろしくお願いします。★☆
シェリーメイのニクキュウをクリックしてネ♪
sherrybanner ←Click Please♪→ FC2ブログランキング

食べログ 飲食店の検索に♪


follow me ★Follow ME!★
スポンサーサイト

Drosselgasse ワイン酒場でにぎわうつぐみ横丁

2011年02月20日 20:34

つぐみ横町2
ハイデルベルクを出て、この日の宿泊地リューデスハイムへ。
ローテンブルクに続き2度目の自由食。

リューデスハイムのホテルから徒歩3分ほどで、ワイン酒場でにぎわうつぐみ横丁がありますよ、と教えていただいていたので、チェックイン後こちらへふらり。

本当に細い小路ですが、沢山のレストランやお土産屋さんが並びます。

観光客向けのお店がほとんどなのかもしれませんが…ある程度英語が通じそうなお店を選んで中へ。

店内では生演奏も。
時間が早いこともあってか、お客さんも少なめ。
まあ、のんびりできていいかな。

さて、食事はどうしましょう…?
メニューを見てもどの程度のポーションなのかが検討付かず…店員さんにサイズを確認。
スモールサイズのサラダはとっても少ないよ!というので通常サイズのサラダに。
ソーセージ&ポテトは、ソーセージは1本でそんなに大きくないということだったので2皿頼んでみたのですが…。

ディナーのソーセージ&ポテト
出てきてびっくり。

BICSIZE!

携帯電話と比較するとその大きさがわかるでしょうか…?
大きいんですね^^;
さすがに完食はできなかったのでした…。

ドイツの赤ワインは色が薄め
このあたりでは、珍しくドイツの赤ワインもあります。
色は薄めですが、なかなか美味しくいただきました。



海外はほんと食事が難しいですねぇ。





☆★blogランキング参加中! 応援、よろしくお願いします。★☆
シェリーメイのニクキュウをクリックしてネ♪
sherrybanner ←Click Please♪→ FC2ブログランキング

食べログ 飲食店の検索に♪



follow me ★Follow ME!★

丘の上の美しい廃墟 ハイデルベルク城

2011年02月01日 23:28

きらびやかなイメージの強いお城ですが、古城街道のお城は大多数が外観のみお城の形をとどめているだけで、中は廃墟であることが多いようです。

こちらもその一つになるのでしょうか…。
それにしては有名なお城ですね。

ハイデルベルク城

ハイデルベルク城

先ほど市街から眺めたお城へやってきました。
何しろかなり高台にたつこのお城。
車で上がってきたとはいえ…とんでもない急勾配の坂道をさらに歩きます。


抜けるように青い空に映えるレンガ色。
建物の向こうにも青空が見えるって不思議…。

真っ青な空に映えます

こちらはオットハインリヒ館。

日時計もくっきり
強い日差しを受けて、日時計もはっきりと見えます。


こちらのお城から眺めるハイデルベルクの街並みがまたとても綺麗です。

お城からの眺めも素敵

有名なのは、大きなワイン樽。

名物の大きいワイン樽
建物2階分ほどある高さの樽は、どこから撮ったって…フレームに入りきりません。


いろいろ見て回ったハイデルベルクの観光もこれで終わり。
さあ、また古城街道を走って、今宵の宿へ向かいます。






☆★blogランキング参加中! 応援、よろしくお願いします。★☆
シェリーメイのニクキュウをクリックしてネ♪
sherrybanner ←Click Please♪→ FC2ブログランキング

食べログ 飲食店の検索に♪


follow me ★Follow ME!★
[ 続きを読む ]

ハイデルベルク大学を眺める

2011年01月25日 22:08

学生牢
いつの時代も大学生はやんちゃなものらしく。
ドイツ最古の大学にはそんなやんちゃな学生を投獄する学生牢がありました。

学生牢中の落書き
ガイドさん(写真に写ってる方♪)曰く規則を破った学生が数日~数週間閉じ込められていたようですが…
どうやらココの最上階のお部屋に入ることが学生の間では誇りであったそうです。

中には入りませんでしたが、中には投獄された学生たちの沢山の落書きがあるんだとか。
落書きが後世には重要文化財になるなんて、不思議ですね。


どんな時代も若いってことはエネルギッシュなんだなぁ。
ちなみに投獄されたとはいえ、やっちゃいけないことって言ったら今の学生と変わらず、騒ぎすぎとかケンカなどなど…学生ならではな感じだったようです。
なにしろこの時代に大学へいらっしゃるのは、富豪の御子息だったそうですから。

そんな最古のハイデルベルク大学も、校舎は新しくなっています。
新ハイデルベルク大学
写真右手の、白い壁に赤茶の窓枠の建物が大学。
なんだか日本の大学とはイメージが全然違います。

ドイツ最古の図書館

新ハイデルベルク大学のすぐ横にある、ハイデルベルク大学図書館もドイツ最古なのだとか。
建造物として、とても重要なものだそうです。
重厚な作りはさすがです。

大学前の路面電車


学生たちは自転車や、路面電車で通学。
路面電車の停留所は大学の真横。
便利ですね。





☆★blogランキング参加中! 応援、よろしくお願いします。★☆
シェリーメイのニクキュウをクリックしてネ♪
sherrybanner ←Click Please♪→ FC2ブログランキング

食べログ 飲食店の検索に♪


follow me ★Follow ME!★

学生の街・ハイデルベルクを歩く

2011年01月18日 23:57

ハイデルベルク マドンナ

ハイデルベルク。
ドイツ最古の大学が設立されたこの街は、学生の街。
古城街道に隣接する街の中でも、特に有名な街。

まずはコルンマルクト(穀物広場:昔、穀物の取引が行われた)。
ここからはマドンナ像(マリア像)とハイデルベルグ城が望める。

その先にはマルクト広場。
最古の大学のスタートはこの聖霊教会からスタートしたのだとか。
ハイデルベルク マルクト広場

ココのステンドグラスがとても見事らしいのですが…中には入らず。残念。

細い道を進むと、カールテオドール橋。
この橋の途中からは、これから向かうハイデルベルク城が。
カールテオドール橋からみる

眩しすぎる夏の日。
この日は本当に空が青くて美しかったのを覚えています。

市街地に戻って、騎士の家。
騎士の家

どうしてこんなに色が美しいのでしょうね。
ヨーロッパの街って…。




☆★blogランキング参加中! 応援、よろしくお願いします。★☆
シェリーメイのニクキュウをクリックしてネ♪
sherrybanner ←Click Please♪→ FC2ブログランキング

食べログ 飲食店の検索に♪


follow me ★Follow ME!★


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。